FC2ブログ
topimage

2018-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間と共に - 2016.01.23 Sat

           スプレー



またまた、超ド級の寒波が今日から明日、月曜にかけて襲い掛かってくるらしいという情報に

産地のみなさんもわれわれも頭を抱えています。

台風なら進路情報や上陸予想などがたくさん発表されて、ある程度は準備することができます。

でも、雪はその類の情報が極めて少ない!

いつ頃どのくらいの雪が降るのかなどの情報が少ない上に、精度も低い。今年はとくに暖冬傾向

だったので余計に不備な状況です。先日の大雪でも多くの人の通勤に影響したばかりです。

週明け月曜日の朝にどうなっているのかは誰にも答えはわかりません。


 今「JA愛知みなみ」のスプレー菊が展示されています。

そのなかに「綺麗だ!」と思ったものがありました。

「バルディカ ホワイト」(下段写真)です。

          バルティカホワイト


僕が知ってたマムが、時間の経過と共に素晴らしい変化を遂げていた。

どうぞ、お試しください!

という前に各地に雪害が出ないことと、月曜に雪の影響が出ませんように!


お気をつけ下さい!!







スポンサーサイト

福島県大沼郡昭和村 - 2015.12.05 Sat

先月末、しばらくぶりに会津地方へ出かけました。

昭和村のカスミ生産者の福島県農業賞で「農林水産大臣賞受賞」の祝宴ということでした。

受賞された立川ご夫妻、おめでとうございました。

 カスミソウ部会長という立場もあり大変でしょうが、頑張って頂きたいと思います。

会場の片隅に昭和村のパンフレットがひっそりと置かれていたので、写真にアップしました。

自然豊かで優しい人たちが多く、みなさんにもぜひ一度訪れていただきたいと思います。

 ただ少し時間がかかるのが少し大変ですかね。

 京都~東京~郡山まで新幹線を利用して約4時間。

郡山~会津若松までJRで1時間半ほど(但し、連絡待ちに1時間ほど)

会津若松からさらにJR只見線乗り継ぎで行くとすると約2時間で会津川口

ここからバスで3~40分で到着

ほぼ8時間の道のりです。

勿論、レンタカーの利用でもっと短縮できますよ。

しかし、その地から連日送られてくる花のことを考えると

ほんとに大変なことなんだなぁって思います。

遠距離は決してハンデキャップではないのですが、運んでいただく環境が変化

してきて販売機会が減ってしまっていることが、今後の課題のような気がしています。


 それにしても純粋に自然のままを満喫できる昭和村へ出かけてみてください!

 
               昭和村

山間の産地 - 2015.10.14 Wed

秋もいよいよ本格化してきました。

めっきり朝晩も冷え込んできて紅葉も進んできました。

 先日、高知県に出張で出かけてきましたが、その際に「JA土佐れいほく」の生産者の

圃場へお邪魔しました。

初めて伺う場所なので「どんな所なのか?」と正直ワクワクドキドキでした。

待ち合わせの場所から軽バンで少し移動すると 「これから30分ほど登りの

ワインディングロードが続きますよ!」と同行の生産者。

「車酔いはしませんか?」との言葉を裏切らない道のり。

まるでどこかに連れて行かれそうな状況を進み、ついに圃場へ似到着。

          れいほく



 眼下に広がるこの高さを上ってきたことに少しだけ感動、しかし生産者は出荷の時は

この高低差を何度も上り下りされていることを思うと、ほんとに頭が下がる思いです。

また、この場所で牛が飼われていた事を聞いて、また驚きました。



             れいほく2

 その後、別の生産者の圃場に移動。

すると、今度はこの広がる棚田の風景!

自然とともに花が作られることを再認識しました。

国内の生産者が、いろんな条件・状況のなかで花が作られていることに

われわれは感謝して販売に繋ぐ責任を強く感じました。

「こだわる」ということ - 2015.05.26 Tue

  毎年、この時期に訪れる長野県佐久市の佐藤さんのリンドウ畑です。

この畑は、必ず案内していただくところですが、順調に育っています。ご覧のように見事に

敷きこまれた藁の隙間から容赦なく伸びてくる雑草たち。

それを除草剤を使わずに人の手でひたすら抜いていくのです。

そこが、ひとつの「こだわり!」そこが、花作りへの愛情!

そこが、良い花を生み出し、それが信用になる。


大変な手間と経費であるが、1本ずつ抜かれる雑草が必ず良い花を作る。




                 


                 IMG_3184.jpg

               花作りは、自然との戦いであり共存なんだろうなと思います。

         

恒例の訪問 - 2015.05.22 Fri

 今週月曜からの出張で毎年恒例の「上伊那花き連絡協議会」と
  「飯田花卉組合取引会議」への出席などのために信州へ出向きました。

その他個人の生産者をまわったりも吉例です。 
 その中で、飯田市飯島にある「萬花園」(まんかえん)さんをたずねました。

「なんで萬花園なんですか?」と聞くと、「屋号」からきているんだそうです。
「そう、萬屋さんなんですね」昔、地域の要人だったんだそうですよ!

 なるほど、それであの立派な髭かあ!と納得。

 さて、写真はバラの選別から荷作りの様子です。どこも同じでしょうが、長さは線を引いて
合わせて、花の顔や切前はご覧のように「鏡」で見ながら行います。
 本当に一本一本丁寧な作業には頭が下がります。

 お父さん、お母さん、娘さんご夫婦でお作りですが、とにかく研究熱心で明るい!

先に行なわれた「第58回日本バラ切花品評会」でストロベリーモンローウォーク」が

第2位を受賞されました。

 オリジナルも多いのでご期待ください!
 
         

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

kondo

Author:kondo
元祖「花市場社員のブログ」
京都生花のBLOG「近藤でございます!」

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (16)
市場情報 (12)
産地情報 (5)
町ネタ (1)
近藤のウンチク (8)
その他 (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。