FC2ブログ
topimage

2018-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花の図書館 - 2015.04.25 Sat

私たちは「花市場」というところで仕事をしています。

私が入社した頃(ずっと昔)は本当に溢れるほどの花が市場の集まっていたように思います。

しかもかなり雑で良かった時代でした。規格や入れ物など、そこに難しさや経費は

今ほどかかっていませんでした。

今は規格のセンチ表示は当たり前、輪数表示などと細かく変化しました。

さらに大きく変わったことは「環境面に配慮」ということです。

エコファーマー(あまり言わなくなりました)やMPSなどなど。


確かに最近の方が花の種類や品種などは覚えられないほど豊富になりました。

(そのスピードはスマホやデジカメ並みです)

ですが、入荷してくる花の数は確実に少なくなってきています。

とくに枝物の種類は激減しています。

一箱に入っている本数も減りました。例えば200本入りの菊が100本入りになり

100本入りのバラが50本や30本へと変わってきています。

種類によっては数本しか入っていないものすらある現状です。

時代の変化に伴なってその内容も変化してきたわけですから仕方がないのかも

しれません。オリエンタルユリを皮切りにダリアやラナンキュラスなどいろんな花が大輪化

しています。

でも、単価が上がっていた時代だからこそ、それでも良かったですが、近年の単価からすれば

また戻っててもいいのもありかと思います。

生産現場の負荷は増える一方ですからね。


これまでの30年で生産から出荷への流れは大きく変わりしました。

これから30年先どう変化していくのか

しっかり見ながら共に考えていきたいです。

生産者も花屋さんも、われわれ流通に係る者もみんなが笑顔でいれる時代にしたいものですね。

花屋さんは、あるものしか使えない。だから豊富に集めることが大切になるのです。



そして、私たち市場は仕入れをされる皆さんにとって、「花の図書館」のように選んで

いただけるようにしなければいけないですね。

                   係長



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

薫風の時期 «  | BLOG TOP |  » 花いけバトル

プロフィール

kondo

Author:kondo
元祖「花市場社員のブログ」
京都生花のBLOG「近藤でございます!」

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (16)
市場情報 (12)
産地情報 (5)
町ネタ (1)
近藤のウンチク (8)
その他 (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。